豊橋市で禁煙外来が受けられるクリニック

皮膚科医師、急募 詳しくはこちら

0532483200

0532485489

禁煙外来

自分の意思が弱いからタバコをやめられない、そう思っていませんか? タバコをやめられないのは、「ニコチン依存症」という病気になっているからです。他の病気と同じように、ニコチン依存症も治療が必要です。禁煙外来に一度ご相談下さい。

当院では、5回目までの通院は保険が適用になります。

ニコチン依存症とは

image

タバコを吸わないと落ち着かない、気分が落ち込む、食欲が増す、イライラ・欲求不満・怒りのいずれかを感じる、寝つきが悪い、不安を感じる、眠っても途中で目が覚める、集中できないなどの症状が出る方は、ニコチン依存症の可能性があります。

ニコチン依存症とは、一種の病気です。自分ひとりではやめられないからと諦めることはありません。禁煙外来では、医師からのアドバイスに加えて禁煙補助薬を処方しますので、成功率はぐんと上がります。

喫煙によりリスクが高まる病気

image
  • 脳卒中

image
  • 白内障

image
  • 口腔/咽頭がん
  • 喉頭がん
  • 食道がん
  • 肺がん
  • COPD(慢性閉塞性肺疾患)
  • 肺炎

image
  • 心筋梗塞

image
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

image
  • すい臓がん

image
  • 腎臓がん
  • 膀胱がん

image
  • 子宮頸がん
  • 妊娠合併症
  • 不妊
  • 低出生体重
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

image
  • 股関節部骨折
  • 骨粗しょう症

image
  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム

禁煙治療の流れ

初回の診察

  1. ニコチン依存症かどうかのチェックをします。ニコチン依存症に当てはまれば、健康保険で禁煙治療が可能です。
  2. 息に含まれる一酸化炭素の濃度をチェック(呼気一酸化炭素濃度測定)します。
  3. 禁煙開始日を決めて、「禁煙宣言書」にサインをします。
  4. 今までの禁煙経験・現在の健康状態などをチェックし、普段の生活におけるアドバイスをさせていただきます。
  5. 禁煙補助薬についての説明と、実際にどの薬を使用するかを一緒に決めていきます。

2週間後

2回目の診察

初回に引き続き、呼気一酸化炭素濃度測定をします。我慢できずに吸ってしまったという方は、この測定で分かりますので、正直に「禁煙できなかった」と伝えましょう。この2週間の間にタバコを吸ってしまったからと言って禁煙治療が失敗というわけではありませんので安心してください。医師のアドバイス通りに行動したか、薬をちゃんと飲んていたかなど、もう1度ご自身の生活を見直してみましょう。禁煙治療は、継続が何より大切です。最初から完璧を求めるのではなく、少しずつタバコを減らしていこう、くらいの気持ちで1日1日を積み重ねましょう。

禁煙が無事成功している方は、引き続き今の状態を続けていけるように頑張りましょう。

2週間後

3回目の診察

2回目の診察と同様、呼気一酸化炭素濃度測定を行います。禁煙開始日から約1か月が経っていますが、早い方だと呼気一酸化炭素濃度はタバコを吸わない方とほぼ同等の数値が得られ、既にニコチンはほとんど体外に排出されています。あとは、脳に残るニコチンの残像との闘いです。特に、他人が吸っているのを見た時、イライラした時、悲しい時など、突如として喫煙衝動が発生し、「気が付いたら吸っていた」なんてことがあるかもしれません。そうならないためにも、医師のアドバイスをしっかりと聞きましょう。

1か月後

4回目の診察

禁煙開始日から2か月が経過しています。今までと同様、呼気一酸化炭素濃度を測定し、医師からのアドバイスを受けます。禁煙を継続できていると、身体が軽くなったり目覚めが良くなったり、様々な変化が訪れます。

しかし、この時期は油断が生じる時期でもあります。ニコチンの残像は相変わらず残っていますので、1本吸ってしまうと以前の生活に逆戻りです。今まで頑張って禁煙を続けてきたこと、禁煙を始めてから得られたメリット(健康になった、お金が節約できた)などを思い出しながら、さらに気を引き締めていきましょう。

1か月後

5回目の診察

禁煙開始日から3か月、最後の通院日です。お疲れ様でした! 以前よりもタバコの煙に敏感になり、不快に感じられると思います。このまま禁煙生活を続けていけるよう最後のアドバイスをさせていただきます。

ニコチンの残像は、一生残るとも言われます。「1本だけなら大丈夫」とは絶対に考えず、「1本吸ったら今までの努力が全部無駄になる」と考えてください。また、最後の診療日から約1年間は、保険での禁煙治療を受けることができませんのでご注意ください。

受動喫煙の影響

受動喫煙とは、他人が吸っているタバコの煙を吸うことにより、喫煙をしていないのに喫煙者と同じリスクを抱えてしまうことです。例えば、夫の喫煙でタバコを吸わない妻が肺がんになるリスクは、約2倍とも言われています。タバコを吸っている方は、自分の大切な人を危険に晒していることを意識しましょう。

image

成人の方への影響

  • 脳卒中
  • 肺がん
  • 慢性閉塞性肺疾患や肺気腫など既にある呼吸器疾患の悪化
  • 喘息の誘発と悪化
  • 動脈の損傷・静寂化・血栓
  • 心筋梗塞・狭心症

image

妊婦への影響

  • 低出生体重児、または妊娠期間に比べて小さい胎児
  • 早産

image

子どもへの影響

  • 中耳炎(慢性中耳炎)
  • 呼吸器感染症(気管支炎・肺炎)
  • 喘息の誘発と悪化
  • 慢性の呼吸器症状(喘鳴・咳・息切れ)
  • 肺機能の低下
  • ヘモグロビン・冠動脈への悪影響
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

ページトップへ戻る