AGA外来|豊橋市の内科・皮膚科はみゆきクリニックへ

  • 代表番号

    053483200

  • 受付:9:00~19:00
    休診:木・日・祝

予約専用・自動音声受付

053485489(24時間対応)

AGA外来

AGAについて

「AGA(エージーエー)」とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられており、抜け毛が進行し、薄毛が目立つようになります。AGAは皮膚内で毛髪を作り出す「毛包(もうほう)」が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまい、ゆっくりと抜け毛・薄毛が進行していきます。ただし、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

※AGA外来は自費診療となります。

早めのケアが大切です

AGAの人は全国で1,260万人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。
※板見 智:日本醫事新報 2004; No.4209: 27-29より

男性型脱毛症の特徴

男性型脱毛症は、思春期以降に始まり徐々に進行する、男性においてもっともよくみられる脱毛の病型で、前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の毛髪がなくなることが特徴です。
生命に影響を及ぼす疾患ではありませんが、外見上の印象を大きく左右するため、薄毛に悩む男性の心理的ストレスは強く、多くの方が治療を望んでいます。
日本における男性型脱毛症の治療には、5α還元酵素阻害薬による内服治療及び外用育毛剤が診療ガイドラインにより推奨されています3。この他には自毛植毛術やかつら等が用いられています。

症状にあった治療をご提案します

当院では、脱毛治療に際して、「グラクソ・スミスクライン社」「MSD製薬」の治療薬を使用しています。
それぞれの薬の特徴を鑑み、脱毛が起きている場所や状態に合わせて、使用する薬のご提案を行っています。
ご自身に合った治療を行うことで、治療の効果を実感することが可能になるだけでなく、脱毛症状の進行を効果的に食い止めることにもつながります。
市販薬などでのケアも大切ですが、当院への早期ご相談をお勧めします。

当院での治療の流れ

STEP1. 状態チェック

頭皮や頭髪の状態をチェックし、現状の確認や治療の意志の有無を再度確認いたします。

STEP2. アドバイス

生活習慣で気を付けるべきこと、頭皮のケア方法についてアドバイスさせていただきます。

STEP3. 経過観察

今後の経過を見るため、頭部の撮影を行います。写真は今後、3か月ごとに撮影していきます。

STEP4. 処方

薬を処方します。
以降、1か月ごとにご来院いただき、副作用が出ていないかどうかと頭部の経過観察を行います。

ページトップへ戻る